河川レンジャー制度運営委員会
第35回河川レンジャー制度運営委員会と琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会を開催しました。
最終更新日 2013.03.22 11:26
平成25年3月14日(木)第35回河川レンジャー制度運営委員会と琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会を開催しました。

 今回の委員の出席は、報告会、委員会審議ともに、綾委員、北井委員、辻委員、三田村委員、南村委員、宮永委員の6名です。

 午前中は、お隣の施設“アクア琵琶”の映像ホールで「琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会」を開催しました。

 まず、河川レンジャー制度運営委員会委員長より開会の挨拶を述べた後、新任河川レンジャー“風かおるさん”よりご挨拶をいただきました。



 その後、現在活動している琵琶湖河川レンジャー6名より、1年間の活動の成果について発表がありました。

 伊東レンジャーは、「住民と行政をつなぐ琵琶湖の水草対策」をテーマとして、“大石地区での希少種保全や特定外来種駆除に向けた住民主体のしくみづくりへの挑戦”、“水質調査イベントの場を活用した、水草にもっと興味を持ってもらうための方策の試行”、“県がつくっている水草堆肥を、県民にもっと活用してもらえるような情報発信の試行”について発表されました。




平山レンジャーは、会場での発表が難しいということからスカイプを利用して、活動のテーマである「川への想いを共有する」「課題にむけて連携するための場のコーディネート」に基づいて、瀬田川一斉清掃実行委員会での情報交換、瀬田川一斉清掃で実施した一言カードの内容から今後の取り組み方について琵琶湖河川事務所占用調整課職員との意見交換、瀬田川水辺協議会での情報発信について、発表されました。




安居レンジャーは、「暮らしと川のつながり再発見〜歴史に学ぶ河川との関わり〜」を活動のテーマとして、愛知川をとりまく歴史を共有することで周辺住民の愛知川への想いを収集するという活動について発表されました。




佐々木レンジャーは、「思い出づくりから始める川と住民との関わり」をテーマとした旧瀬田川洗堰を活用したカフェ等の交流の場における活動内容の発表と現在試行している河川レンジャーチーフに関する活動状況を報告されました。




原田レンジャーは、「河川レンジャーがつなぐ子育て中の保護者・行政・地域住民との交流の場」というテーマに基づいて、アクア琵琶を活用した、子育て世代が集い交流するとともに、地域の水害や水利用について学ぶ場を設ける活動“アクアちゃん広場”の開催について発表されました。




池本レンジャーは、「川への想いでつなぐ情報誌作成」を活動のテーマとして、“子どもと川と地域をつなぐ活動”や“子どもが自分で川に近づくことができる川づくりについて”“みんなの想いを言葉でつなぐ情報誌作成”と“淡海の川づくりフォーラムへの参加と交流”について発表されました。




 河川レンジャー活動成果報告会開催の様子は、USTREAMでもご覧いただけます。
 USTREAMをご覧になられる方は、USTREAMのホームで番組名「琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会」と検索していただきますとページが現れます。今回の番組は「琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会(2013.3.14)」ですので、是非、ご覧ください。

 午後からは、第35回河川レンジャー制度運営委員会の委員会審議を、ウォーターステーション琵琶で開催しました。


 今回の主な議題は、下記のとおりです。
 ・第34回議事録要旨の承認
 ・委員会レビューWG答申を踏まえての今後の対応について
 ・河川レンジャーの愛称に関する具申を受けて
 ・有識者制度の実施に向けて

 委員会レビューWG答申を踏まえての今後の対応について、資料4‐1、4‐2、4‐3を基に来年度の進め方について話し合い、“河川レンジャーのあるべき姿”の明文化、“河川レンジャーの育成”“河川レンジャー活動成果の評価”“委員会の果たすべき役割”の課題に対して、来年度、継続して審議することとなりました。

 河川レンジャーの愛称に関する具申を受けてでは、琵琶湖河川レンジャーより、「今、委員会で河川レンジャーのあるべき姿等を念頭に審議が進んでいる中で、言葉だけを選んで愛称をつけることは適切ではないとの総意を得た」との報告を受け、レビューWGの答申の具体化と並行して審議していくこととしました。

 また、一昨年度検討を行っていた有識者制度については、審議を優先していた委員会レビューの答申が出たことから、“河川レンジャーの育成”の中の1つと位置づけて、その制度運営に向けて検討していく予定です。

 琵琶湖河川レンジャーは、現在活動している河川レンジャーに加え、今回、新たに1名の河川レンジャーが決まりました。来年度は、河川レンジャー制度の見直しも実施され、河川レンジャーの人数も8名となり、より活動が活発になっていくことが期待されます。
 今後の、河川レンジャーの活動にご注目ください。

(事務局)
記事一覧
最近の記事
2017/10/07 第52回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2017/06/16 第51回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2017/03/09 第50回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました
2016/11/18 第49回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2016/08/04 第48回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2016/03/21 第47回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました
2015/11/30 第46回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2015/06/01 第45回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました
2015/03/27 第44回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました
2015/03/27 第43回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました
2014/11/08 第42回河川レンジャー制度運営委員会
2014/11/08 第41回河川レンジャー制度運営委員会
2014/11/08 第40回河川レンジャー制度運営委員会
2014/03/22 第39回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2013/12/02 第38回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2013/12/02 第37回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2013/08/12 第36回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2013/03/22 第35回河川レンジャー制度運営委員会と琵琶湖河川レンジャー活動成果報告会を開催しました。
2013/03/08 第34回河川レンジャー制度運営委員会を開催しました。
2013/03/08 今年度3回目の“平成24年度琵琶湖河川レンジャー任命式”を開催しました